服部 梢

小学校の卒業文集に綴った夢を実現し、弁護士に。

竹に学ぶ日々。

学生時代は剣道に励んだ。
相手の動きを冷静に見極め、狙いどころを攻める。一瞬で攻守が逆転する反転に、身をかわし守る。
弁護活動でも、簡単に一本は取れない。
事案を分析し、戦術を定める。状況の変化を素早く察知し、軌道修正をする。
信念を貫くことと、臨機応変に対応することは、矛盾しない。
竹は、大きくしなってもなお、元の位置に必ず戻る。
大きな方針をぶらさず、同時に、柔軟性を失わない。紛争を戦い抜くには、竹刀に使われる竹になる必要がある。

ひつじ年

黒いひつじ。

子供のころから本を読んでいた。
読書自体はよくある趣味だが、人と変わった読み方をする。
同じ本を繰り返し読む。10回は読む。そのうちに大先生の文章を鉛筆でいじり始める。
日本語は不思議だ。
助詞ひとつ変えただけで、全く違うニュアンスになる。作家の深遠な文章力に驚嘆する。
愛読書「ひつじが丘」はもう、鉛で黒光りしている。

代表 弁護士・税理士 
服部 梢 Kozue Hattori 第一東京弁護士会

略 歴名古屋大学法学部卒業出 身愛知県名古屋市
所属団体法務大臣認証ADR機関 一般社団法人日本不動産仲裁機構 協力弁護士
趣 味読書をしながらの校閲作業好きな作家三浦綾子、中村文則、塩野七生
尊敬する人物チェーザレ・ボルジア尊敬する植物京都・嵯峨野の竹
得 意何があっても冷静でいること苦 手終わりの見えない無駄話
好きな言葉天気のよい日に嵐のことなど考えてもみないのは、人間共通の弱点である。

メンバー紹介

外部メンバー

トップへ戻る