高 誠学

サービス業としての弁護士。

弁護士として、法律文書の作成技術や訴訟技術が求められるのは当然である。
同様に重要なのが、クライアントとの信頼関係構築や相手方との交渉技術等。
座学での自己研鑽だけではなく、積極的に外に出て人間力を高めたい。
ラグジュアリーホテルでのハウスキーパーとして社会に出た。
弁護士はサービス業。
話をよく聞き、悩みに耳を傾け、クライアントに共感できる弁護士でありたい。

気分転換の方法

海を眺めて爽快な気分を味わう。
海の見える街で生まれ育ったせいか、司法修習地も、港町・横浜を選んだ。
煮詰まると、ベスパで海に出かける。
潮の香りを嗅ぎ、浜風に身を委ねると、収縮した神経が弛緩し始める。

弁護士 
高 誠学 Seigaku Ko 第一東京弁護士会

略 歴中央大学法科大学院修了/ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル(ホテルマン)/八洲学園大学
出 身東京都港区趣 味推理小説(特に島田荘司)、海辺の散歩
尊敬する人物「魔女の宅急便」をつくった宮崎駿好きな言葉習うより慣れろ
得 意剣道、バスケ 動植物を愛すること苦 手犬や猫に嫌われてしまうこと

メンバー紹介

外部メンバー

トップへ戻る