書籍紹介

2014-04-25 []相続の抜け穴 遺言の落とし穴
教科書では学べない 相続問題の最前線について解説したエッセイ 相続について様々な視点から考えるヒントがつまった1冊です。
[出版]:KKベストセラーズ [著者]:長谷川裕雅
[出版日]:2014年4月25日第1刷発行 
[TAG]:

相続関連書籍『相続の抜け穴 遺言の落とし穴』の内容紹介

事実婚の場合の相続は? 震災復興の遅れの原因は相続? DNA鑑定で親と血がつながっていないことが分かったら?
実用書にはのっていない、相続現場の実例が多数。基本から裏話まで、相続のリアルな最前線がわかる、痛快読み物。
税対策だけでは見えてこない、相続の本質や考え方がわかります。
人生を美しく終わらせたい人も、安心して見送りたい人も必読!

寝ころびながら読み進められる内容です。

相続知識を伝授する啓蒙書はたくさんあります。
しかし、毎日の生活の中の出来事と関連させて相続を考える本はありません。
今日の出来事やニュース、映画などにみる相続問題について考える全く新しい本です。
机に座りながらではなく、テレビのついたリビングのソファで、一日の仕事を終えた後の就寝前のベッドで。
熟読するためではなく、読み飛ばすための本です。

相続問題は遺産分割や税金だけでない。

相続で壊れる家族、絆を強くする家族
ライフスタイルの変化で家族のスタイルは様々
未婚、晩婚、少子化は相続にどのように影響するのか
結婚制度とは何か?親子とは何か?
様々な視点から相続を考えます。

相続の最前線で起きている本当の話

本妻の子と愛人の子は相続において平等か?
もし国宝を相続することになったら
もしわが子が出生時に他人の子と取り違えられていたら?
震災からの復興が進まない本当の理由
相続で壊れる街並み

トップへ戻る