書籍紹介

2020-11-20 []磯野家の相続[令和版]
あのベストセラー『磯野家の相続』を、約40年ぶりの法改正により大幅加筆! 今回も磯野家をモデルに複雑な相続問題を解説しています。 ぜひ、多くの方に手に取っていただいて相続を身近に感じていただければと思います。
[出版]:PHP文庫 [著者]:長谷川裕雅
[出版日]:2020年10月2日 
[TAG]:

相続問題は、“もめる”が大前提です。ウチは仲が良いから大丈夫!と思ってはいませんか?そういった家族でも数多くの問題が起こっています。
 相続は亡くなってから考えるのでは遅いのです。残された家族が争うことのないように、生前にしっかりと準備をしておくことが理想的です。それでも、「波平に隠し子がいた」「遺言にタマに相続すると書かれていた」「事実婚でも相続できるの?」といったさまざまな問題があります。
 本書では、複雑な相続問題を、磯野家の家族にモデルとなってもらいわかりやすく解説しています。
 
 第1章 これだけは絶対に押さえる!相続の基礎知識
 第2章 こんな人たちも遺産はもらえるの?ズバリ解説!
 第3章 どうなる?相続承継をめぐる5つの疑問
 第4章 最後の“ヤマ場”遺産分割の話し合い
 第5章 家族を守る「遺言書」今すぐ準備しよう
 第6章 ここに注意!「遺言」の書き方&決まり事

トップへ戻る