書籍紹介

2010-09-29 []磯野家の相続
『磯野家の相続』『磯野家の相続税』10万部突破! 相続入門編として最初に手に取っていただきたい1冊です。東京国際大学の商学部非常勤講師久我祐司先生の講義「法学特論D」の参考文献として、弊所代表弁護士の著書「磯野家の相続」(2010年/すばる舎)が紹介されました。
[出版]:すばる舎 [著者]:長谷川裕雅
[出版日]:2010年9月29日第1刷発行 
[TAG]:

磯野家の相続はどうなる!?

ウチの家族は仲が良いから大丈夫。
モメるほどの財産もないから。
相続は自分に関係ないと思っていませんか?
磯野家のメンバーもそう思っていました、でも・・・。
どんなに仲の良い幸せな家族でも、
相続では必ずもめごとが起きるといって過言ではありません。

相続を基本の「き」から学びたい方にオススメ!

磯野家で相続が発生したら
だれが相続人になるのか?
財産はどうやって分けるのか?
もし、波平が遺言を作成していたら?
遺留分ってなに?寄与分って?特別受益って?
わからない「法律用語」でいっぱいです。

難しい説明は一切ありません

法律って難しそうでよく分からない。
他の本を読んでみたけどよく理解できない。
そう思っている方も多いのではないでしょうか。
『磯野家の相続』は相続初心者でも大丈夫!
サザエさんでおなじみの磯野家を例に挙げて
相続の基本を分かりやすく解説しています。

トップへ戻る